ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは?

科学技術の発達によりラボグロウンダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じ条件で作られて科学的な組成も同じです。

天然ダイヤモンドは地球の奥深くで何億年以上ものあいだ、複雑な地質学的なプロセスを経て生まれてきました。一方、ラボ、つまり研究室のなかで、ラボグロウンダイヤモンドは非常に効率的な環境下で数日から数週間の間をかけて形成されます。

一流の鑑定士でも、天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの違いを見極めるのは非常に困難ですが、専用の測定機械で違いを判定することができます。

ただ、天然ダイヤモンドもラボグロウンダイヤモンドも光学的にも物理的な特性もまったく同じダイヤモンドです。

ラボグロウンダイヤモンドはすべてが均一?

ラボグロウンダイヤモンドも天然ダイヤモンドと同じように

一つ一つ特性の違いが現れます。

IGIやGIAと言った鑑定機関で4C(Clarity、Color、Cut、Carat)を鑑定され、品質が担保されます。

CLOCTIONではより上品に、より上質に輝くラボグロウンダイヤモンドを探し出し、手にとっていただくお客さんに満足していただける品質を目指します。